任意整理のデメリット

任意整理のデメリット

 

意整理をするにあたってデメリットが気になる方が多くみられますが、思っているほどそのデメリットは少ないものです。

 

よくに挙げられることは、金融機関系の情報機関のブラックリストに載ってしまい、新たな借金ができなくなってしまうことでしょうか。
そしてそのブラックリストに載っている期間は通常5年前後といわれています。

 

しかし、借金をそのまま続けていたら、いずれは返済不可能になり、新たな借り入れも見合送られることになら、ブラックリストと同じような状況に陥ります。

 

借金の情報

 

情報機関には、借金の情報がほぼリアルタイムで入ってきます。金融業者はその情報をみながら融資をするか否かを決めていますが、どこからも融資を受けられない状態ということは、もうそこでブラックになっているのと変わりはないのです。

 

ブラックになるからといって債務整理を拒んでいたら、病気を治すための手術が怖いからと病気を放置してしまい、悪化させてしまうことと同じです。

 

また、サラ金などの貸金業者から借金をされている方の多くは、いずれは債務整理をしなければ借金地獄から抜け出せないのですから、ブラックになることを恐れずに、一日も早く治療を行う勇気を出すことが望ましいでしょう。

 

ブラックリストは時がたてば解放されます。また、一般の人の目にとまることもありません。借金が解決できることを考えたら、それほど大きなデメリットにはならないのではないでしょうか?

 

 

 

任意整理のデメリットは少ない?任意整理は大きなデメリットではない?

任意整理のデメリットは少ない?任意整理は大きなデメリットではない?

任意整理のデメリットは少ない?任意整理は大きなデメリットではない?

※万一、ヤミ金融から融資を受けてしまっているという方は、こちらの記事をご参照ください。→ヤミ金から借り入れがある方