任意整理の費用

任意整理にかかる費用

 

用はいったいどのくらい弁護士や司法書士に支払うのでしょうか?

 

任意整理にかかわらず、債務整理の費用はその法律事務所によってまちまちです。
ただおおよその計算は出すことができますので、ご自分の状況を照らし合わせて比較してみてください。

 

費用の目安

 

債務整理の費用には、大きく分けて次のようなものがかかります。
(料金の呼び方についても多少違いがありますので、最終的に費用をすべて合計した料金で比較すればわかりやすいと思われます。)

 

初期費用
債務整理を行うために契約時に支払う費用となりますが、お金に困っているのにそれをひねり出せといってもない袖は振れません。
そのためほとんどの法律事務所では、債務整理に関しての初期費用はかからない事が多いようです。

 

着手金
それぞれの法律事務所で設定している、債権者1件についての基本料金です。
(債権者×融資を受けている債権者の数という計算になります。)

 

報酬金

 

督促の停止、将来利息のカット、分割返済などといった任意整理での基本的な交渉に対する報酬です。
また、過払い金があった場合には、その金額の返還交渉など成功報酬として、20%前後の費用が掛かるところが多いようです。

 

その他

 

事務手数料等の諸経費。

 

 

複雑な料金体制

 

この業界は、商品のように定価とか、費用の表記の一本化が整っていないので非常にわかりづらいことは否めません。

 

あるところでは着手金に重きを置いて、その他の費用はほとんどかからなかったり、またあるところではその逆に着手金はかからず報酬金がかかるといった具合に複雑表記方法となっています。

 

それぞれを比較するに当たっては、ご自身の借り入れ件数を元に概算しながら、無料相談で見積もりを取るといった方法を取ることが一番だと思われます。
それぞれの費用を科目ごとに比べず、合計金がを比較してみてください。

 

 

 

任意整理の費用はどのくらい?任意整理を依頼するのにかかる費用

任意整理の費用はどのくらい?任意整理を依頼するのにかかる費用

任意整理の費用はどのくらい?任意整理を依頼するのにかかる費用

※万一、ヤミ金融から融資を受けてしまっているという方は、こちらの記事をご参照ください。→ヤミ金から借り入れがある方