色々な債務整理の費用

債務整理の費用

 

借金の返済が困難になった場合に債務整理をするには、ほとんどの場合、弁護士や司法書士といった専門家に依頼する事になります。

 

その場合は当然弁護士に支払う費用が必要となります。任意整理・個人再生・自己破産など選択する方法によって支払う報酬は異なりますので、契約する前にきちんと報酬に関する説明を受けることが大切です。

 

弁護士に支払う報酬は基本的に着手金と成功報酬に大別されます。

 

着手金は手続きを依頼した段階で支払いますので、債務整理が認可されるか否かに拘らず必要となる費用です。個人再生や自己破産の場合は、基本的に契約時に支払う着手金のみが弁護士に支払う報酬となります。

 

個人再生の場合は住宅ローンの有り無しで費用が異なったり、自己破産の場合は債権者数によって金額が異なったりしますが、契約時に提示される費用が全てで、手続きの可否によって支払う成功報酬はありません。

 

一方、任意整理は着手金の他に過払い金を取り戻せた場合の成功報酬が必要となります。一般的には過払い金の20%ほどが相場となっています。

 

※個人再生や自己破産の場合の過払い金の扱いは、ちょっと複雑になりますので、弁護士や司法書士によく相談して、一番良い方法を取ってもらいましょう。個人再生や、自己破産を行う前に過払い金を整理してしまう方法など、その状況に最も適した方法は、素人ではなかなか判断が付かないので、専門家との相談を密に行って解決してください。

 

過払い金が多く発生している場合などでは、個人再生での返済額が多くなってしまうといったことも生じてしまうので、必ず専門家に相談して、適正な方法で処理してもらうようにしてください。

 

 

 

債務整理の費用

債務整理の費用

債務整理の費用

※万一、ヤミ金融から融資を受けてしまっているという方は、こちらの記事をご参照ください。→ヤミ金から借り入れがある方