保証人がついていても債務整理はできる?

任意整理したいけど保証人はどうなる?

 

権者は任意整理を認めてくれません

 

 

任意整理に限らず債務整理を行おうとしても、保証人がついてしまっている場合にはその債務の責任を保証人が負わなくてはなりません。

 

そのため、債務者が任意整理を行うと、債権者は保証人にその債務の返済の請求を行います。しかもその時点で残っている借金とその利子を、一括で返済する義務を負わなくてはなりません。

 

もしその請求に従わなければ、債務者ではなく保証人が訴えられてしまいます。

 

それでも任意整理への道はあります

 

保証人がついていない借金だけ任意整理

 

任意整理は、整理の対象となる借金(債権者)を選ぶことができます。

 

そのため、いくつかの借金があるような(多重債務)場合、保証人がついている借金については任意整理を行わないで、保証人がついていない借金のみ任意整理を行うといった方法が取れます。

 

もし、3社からの借り入れがあり、1社のみ保証人がついていたら、その他の2社のみ任意整理を行い、少しでも返済を楽にして完済を目指すことができます。

 

個人再生や自己破産は選べない

 

個人再生や自己破産においてはすべての借り入れに対してそれぞれの方法で債務整理を行わなければなりません。
※個人再生は住宅ローン特例によって、住宅ローンの返済は除外

 

そのため、それらの債務整理を行う場合には保証人はその責任を負わなければならないので、よく弁護士や司法書士と相談して解決の糸口を検討してください。

 

 

 

保証人がついている場合の任意整理

保証人がついている場合の任意整理

保証人がついている場合の任意整理

※万一、ヤミ金融から融資を受けてしまっているという方は、こちらの記事をご参照ください。→ヤミ金から借り入れがある方