任意整理の手続き

任意整理をするときの手続き

 

レジット・サラ金債務の整理方法には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産といった方法がありますが、ここでは任意整理をするときの手続きについてご説明します。

 

債務整理を弁護士や司法書士(以後専門家)に依頼すると以下のような順番で、以後専門家から債務整理の提案がなされます。

 

@債務調査→A債務確定→B整理案(弁済案)

 

※依頼者が任意整理での解決を希望することはもちろんできますが、債務整理が始まってからの返済に無理が出る可能性が心配される場合などは、任意整理以外の方法が提案されることもあります。

 

@で行われる債務状況の自己申告は、それを基にどのように債務を整理していくかの根幹が決定される為、ここで正確な報告がなされないと、債務整理が始まってから大きな誤算が生じることになりますので、必ずつつみ隠さず現状をすべて詳細に報告してください。

 

任意整理の依頼から確定まで

 

債務調査
現在の債務状況を専門家に提出することが求められます。

 

その状況を基に、それぞれのクレジット会社やサラ金業者からの借り受け金額、借り受け年月日、返済金額、返済年月日などを手許にある借用書、領収書 振込金受取書などにもとづいて債務調査票を作成します。

 

※借用書や領収書などが紛失等で用意できないときには、該当債権者に直接紹介するか、債権調査票を送付して回答を求める方法で調査します。

 

債務確定

 

@の状況や整理を始めてからの支払いが継続的に可能かなどといったことに応じて、依頼者が任意整理に適しているかどうか、専門家から判断が下されます。

 

その際には、利息制限法以上に支払った金利(過払い金)がないか、引き直し計算によりチェックし、もし過払い金がある場合には、元金からその金額を引き去り残債務を確定していきます。

 

整理案(弁済案)

 

Aで確定した残債務をどのように返済していくか、弁済案を作成していきます。
もし、親族からの援助が得られるような場合は一括返済などの方法を取ることもできますが、ほとんどは、債務者自身で分割にて返済していく案で債権者との和解を交渉していきます。

 

分割返済の場合は、債務者およびその家族が生活していくのに必要な経費等を考慮した額を債権者に認めてもらい、和解確定後から毎月返済していきます。

 

(いずれの場合も、返済額は引き直し計算から出た残債務額のみで、債務整理確定後の金利は一切かかりません。)

 

以上のような流れで、任意整理の依頼から確定まで進んでいきますが、@での現在の債務状況や生活、収入状況などを提出した後は、専門家が行ってくらますので、依頼者は任意整理が確定するまで特に動くことはありません。

 

 

 

任意整理の手続き|任意整理を行う際の手続きについて

任意整理の手続き|任意整理を行う際の手続きについて

任意整理の手続き|任意整理を行う際の手続きについて

※万一、ヤミ金融から融資を受けてしまっているという方は、こちらの記事をご参照ください。→ヤミ金から借り入れがある方