任意整理のデメリットってどんなこと?

任意整理のデメリット

 

任意整理のデメリットは思っているより少ないものです。

 

任意整理のデメリット

 

任意整理のデメリットしてよくに挙げらる事のひとつに、金融機関系の情報機関のブラックリストに載ってしまい、新たな借金ができなくなってしまうことがあります。
(ブラックリストに載っている期間は通常5年前後といわれています。)

 

しかし、借金をそのまま続けていたら、いずれは返済不可能になり、新たな借り入れも見合送られることになら、ブラックリストと同じような状況に陥ります。

 

いずれにせよ、新たな借り入れができないのであれば、それは任意整理のデメリットとして、それほど大きな問題とは言えそうににありません。

 

借金のブラックリスト情報

 

情報機関には、借金の情報がほぼリアルタイムで入ってきます。金融業者はその情報をみながら融資をするか否かを決めていますが、どこからも融資を受けられない状態ということは、もうそこでブラックになっているのと変わりはないのです。

 

ブラックになるからといって債務整理を拒んでいたら、病気を治すための手術が怖いからと病気を放置してしまい、悪化させてしまうことと同じです。

 

また、サラ金などの貸金業者から借金をされている方の多くは、いずれは債務整理をしなければ借金地獄から抜け出せないのですから、ブラックになることを恐れずに、一日も早く治療を行う勇気を出すことが望ましいでしょう。

 

ブラックリストは時がたてば解放されます。また、一般の人の目にとまることもありません。借金が解決できることを考えたら、それほど大きなデメリットにはならないのではないでしょうか?

 

 

任意整理のデメリットは少ない

 

任意整理のデメリットとしては、そのほかに大きな問題はほとんどありません。

 

強いてあげれば、任意整理は他の債務整理と違って大きな減額が見込めないということでしょうか。
(これがデメリットといえるかどうかは微妙ですが・・)

 

というのも、個人再生や自己破産と違い、任意整理の場合は、過払い金が発生していないと、利息の免除だけにとどまってしまうからです。

 

しかし、裁判所なども通さず簡易的に行え、制約なども他の方法から比べるとほとんどないことなどを考慮すると、総合的にはデメリットが少ない借金解決方法といえるでしょう。

 

 

 

任意整理にはどんなデメリットがあるのか|任意整理の仕方

任意整理にはどんなデメリットがあるのか|任意整理の仕方

任意整理にはどんなデメリットがあるのか|任意整理の仕方

※万一、ヤミ金融から融資を受けてしまっているという方は、こちらの記事をご参照ください。→ヤミ金から借り入れがある方

 

関連ページ

任意整理の減額
任意整理ではいったどれくらいの減額が望めるのでしょうか?任意整理でも、もし過払い金が発生しているなら、過払い請求することができるので、その分、現在残っている元金が減額されるます。
女性の任意整理
女性が任意整理を行うときには、女性専用の債務整理相談をがおすすめです。同じ女性のスタッフが相談に乗ってくれるので安心です。無料相談の後には、そのまま任意整理を依頼することも可能です。
任意整理と保証人
もし、貴方の借金に保証人がついていたら任意整理をすることは可能でしょうか?任意整理したいけど保証人がついているという場合について考えまてみましょう。