グレーゾーン金利とは一体なに?

グレーゾーン金利って何?

 

グレーゾーンってどの部分?

 

グレーゾーン金利とは|任意整理の仕方

 

日本には、貸金業者の金利を規制する法律が二つあります。

 

その一つが出資法という法律で、そこで決められているお金を貸し付ける際に生じる利息の上限は、29.2%でした。そしてもう一つの法律は利息制限法といって、そこで定められている利息の上限は貸付金額によって15〜20%の利息が適用されます。

 

以前は、二つの法律のうち、出資法の利息の上限を守らずに貸し付けを行った場合には処罰の対象となりましたが、利息制限法では、単に制限超過利息が無効になるということだけで罰則は設けられていませんでした。

 

そのため貸金業の多くは、罰則のない利息制限法を順守する業者はほとんどなく、出資法の上限から下の範囲の利息で商売していました。

 

貸金業の金利でグレーゾーンと呼ばれるものは、その出資法の利息上限と利息制限法の利息上限の間のゾーン(図のグレーの塗りつぶし部分)を指し、多くの貸金業者はそのグレーゾーンの中の範囲内の金利で貸し付けしていました。

 

グレーゾーン金利

 

グレーゾーン金利の撤廃

 

以上のような法と法の隙間をくぐって商売をしていた貸金業者ですが、借り入れをしている債務者の返済が困難になってしまう人が増えるにつれ、借金問題が大きな社会問題となってききました。

 

特に高い利息で営業しているところから借り入れしている人は、返済のための借金が繰り返され、多額の借金を抱えてしまう多重債務者になってしまいました。

 

そのようなことを食い止めるために、法改正が検討され、2006年12月13日には、ついに改正賃金業法が制定され、出資法の上限金利も引き下げらてグレーゾーン金利の撤廃が行われました。

 

上限金利

 

改正賃金業法では、出資法の上限金利を年29.2%から利息制限法と同じ年20%に下げられ、グレーゾーンという範囲がなくなりました。

 

さらに、利息制限法の上限を超えて貸し付けることが禁止されたので、実質上は利息制限法の上限範囲が利息の上限となりました。

 

そのため、10万円未満の貸し付けでは20%以下、100万円未満の貸し付けでは18%以下、それ以上の場合は15%以下というラインが利息の上限ということになりました。

 

 

 

グレーゾーン金利とは|任意整理の仕方

グレーゾーン金利とは|任意整理の仕方

グレーゾーン金利とは|任意整理の仕方

※万一、ヤミ金融から融資を受けてしまっているという方は、こちらの記事をご参照ください。→ヤミ金から借り入れがある方