債務整理依頼の心配事

借金生活から脱出する

 

務整理を依頼することに抵抗を感じて、ずるずると自転車操業を繰り返していても、必ずその自転車操業にも限度があります。

 

その限度も振り切って債務整理を拒んでいれば、必ずあなたの人生を壊してしまうことになります。

 

家庭の崩壊、失職、友人関係や信頼の失墜など、今後のあなたの人生に大きなダメージを与えてしまいかねません。

 

また、多重債務者の足元を見て食い物にする、ヤミ金などの悪徳業者も虎視眈々とあなたを狙っています。

 

債務整理を拒む理由はいくつかあると思いますが、おそらくあなたが思っているほど債務整理は難しいものではありません。

 

借金がばれるのが怖い

 

内緒の借金が、家族や会社にばれることを恐れている人が多いようです。

 

しかし、債務整理の中でも任意整理という方法は、家族にも、まして会社にも内緒で行うことも可能です。

 

任意整理を依頼したからといって、弁護士や司法書士が、サラ金でお金を借り時のように、家庭やまして会社にまで本人確認してきたり、調査するなどといったことはありません。

 

そのため、だれにも知れることなく任意整理を行うことは可能です。

 

弁護士が怖い

 

昔の弁護士の中には、借金をしたことに対して説教をするような人もいたようですが、債務整理を受け付けている法律事務所などでは、そのような人はまずいません。

 

とくに、債務整理受任をインターネットなどで受け付けてくれる事務所では、多くの債務者とのかかわりがあり、その実情や悩みを熟知しています。

 

そのため、借金生活に疲れ、精神的に萎えてしまっている債務者に対して、懇切丁寧に相談に乗ってくれます。

 

いままで誰にも言えず苦しんできた悩みを安心して現状を吐露してみてください。専門家ならでの解決策を授けてくれることでしょう。

 

債務整理の費用がない

 

債務整理する際には、弁護士や司法書士に債務整理費用を支払わなくてはなりません。

 

ほとんどの方は多重債務になっているようですので、かなりの費用になってしまいます。

 

ただでさえ借金の返済に行き詰っているのですから、20万、30万といった債務整理の費用がその場で払えるわけはありません。

 

債務整理を請け負っているほとんどの法律事務所では、その費用は分割で支払えます。また、委任する際に手付金のようなものも発生しないので、債務整理が始めってから、債務整理費用を分割で支払うようになるので心配はいりません。

 

たとえば任意整理の場合、債権者と法律事務所との和解の話し合いに半年くらいの時間がかかります。

 

その間、利子はもちろん元金の支払いも一時的にストップします。その支払いがストップしている間に、分割で債務整理の費用を払ってしまえるので、依頼するときにお金がなくても、債務整理を申し込むことができます。

 

 

 

債務整理依頼の心配事

債務整理依頼の心配事

債務整理依頼の心配事

※万一、ヤミ金融から融資を受けてしまっているという方は、こちらの記事をご参照ください。→ヤミ金から借り入れがある方