任意整理を失敗することなく完済しましょう

任意整理の失敗例

 

済計画の無理は禁物!

 

 

任意整理で失敗する原因で一番多いのは、せっかく弁護士や司法書士(以下法律事務所)が債権者と和解を取り次いでくれたのに、返済が途中で頓挫してしまうことです。

 

この大きな原因となってしまうのは、債務整理を依頼するときに行う法律事務所と債務者の打ち合わせの時です。

 

任意整理で債務者が毎月返済する金額を決定するときに、長期にわたって返済するのに無理のないように返済計画を立てなくてはなりません。

 

その見通しを甘く見立ててしまうと、このような任意整理の失敗を起こしてしまいます。

 

返済の見通しの相談

 

確実に返済できる金額を提示する

 

任意整理を行うにあたって、法律事務所と債務者の間ですり合わせが行われます。その時に最も重要なことは、現状の借金や収入、生活状態について、正直にすべて話しましょう。

 

隠し事をしたり、このくらいは何とかなるだろうなどと大雑把な返済可能額を告げてしまうと、無理がたたり返済が不可能になってしまいます。

 

返済計画を立てる場面では、法律事務所にあなたが確実に返済に回せる金額を告げましょう。

 

また、返済している間も生活に必要な金額はきちんとキープしておくことと、キープができるように生活を慎む努力と気構えがなくてはなりません。

 

現状に見合った返済

 

任意整理は通常3年で完済することが多いのですが、それが厳しいような状況の場合には、法律事務所が債権者に掛け合って5年での完済の和解交渉を行ってくれます。

 

返済期間が5年に延長されれば、かなり返済は楽になります。

 

例えば和解された後の返済残高が150万だったとしたら、3年返済の場合には毎月の返済額はおおよそ42,000円ですが、その猶予が5年になれば、毎月の返済額は25,000円になります。

 

このように、最初からきちんとすり合わせしておけば、法律事務所はあなたにとって無理のない返済計画を立ててくれます。

 

 

 

失敗しない任意整理|任意整理に失敗しないためにきおつけたいこと

失敗しない任意整理|任意整理に失敗しないためにきおつけたいこと

失敗しない任意整理|任意整理に失敗しないためにきおつけたいこと

※万一、ヤミ金融から融資を受けてしまっているという方は、こちらの記事をご参照ください。→ヤミ金から借り入れがある方