ヤミ金は悪徳な不法貸金業者です

ヤミ金には手を出さないで

 

徳な行為を平気で仕掛けてきます

 

 

ヤミ金とは、無登録で貸金業を営む悪徳業者です。

 

2003年9月に一部が施行、翌2004年1月から前メo的に施行された「ヤミ金融対策法」で厳しく取り締まりされ、それ以前よりはかなり減ってはいますが、いまだに悪行を重ねる業者は後を絶ちません。

 

出資法で取り決められた上限金利をはるかに上回る高金利での貸し付けや、しつこく恐ろしい取り立て行為で借入者を追い込みます。

 

甘い顔ですり寄ってきて、簡単に貸し付けてくれるので、つい借り入れしてしまう人もかなりいます。

 

特に、大手と似たような社名を使って営業をかけてくるようなところもあるので、簡単に信用することのないように注意が必要です。

 

ヤミ金の悪徳行為

 

ヤミ金にルールはありません。油断すると大変!骨の髄までしゃぶられてしまいます。

 

高額な利息は当たり前。そのほかにも悪徳な手立てをあれこれ仕掛けてきます。

 

ヤミ金の利息

 

ヤミ金などでは「トイチ」「トニ」などと利息の隠語が使われていることはよく知られています。「トイチ」とは10日で1割の利息が付くことで、「トニ」ならその二倍、10日で2割の利息が付くということです。

 

たとえ「トイチ」としても、5万円の借り入れが10日後には5万5千円となっています。今では「トヨン」「トゴ」などという利息で貸し付けているところも珍しくないとい割れています。

 

さらに、そのほかにも屁理屈のような計算方法や手法で、一気に貸付金額を跳ね上げてしまうような悪事も働いています。

 

ヤミ金の強引な貸し付け手口

 

ヤミ金との契約の際に、銀行口座などを教えてしまうと、そこ口座に頼んでもいないのに追加融資を振り込まれてしまうことがあります。

 

それに気が付かないでいると、振り込まれた金額が数万円であったとしても、ヤミ金の高利であっという間に何十万、下手すれば何百万という借金になってしまします。

 

それは借りたお金を完済して、そのヤミ金と手が切れたと思っていても、知らない間に振り込まれているということもあります。

 

しかし、それらはいずれも法的に認められない貸し付けなので、きちんと対処すれば支払うことはありません。とはいえ、恐ろしい督促やしつこい取り立てを行われると、そこまで冷静に対処することもできなくなってしまいます。

 

万が一、あなたがヤミ金に引っかかってしまっていたら、一度冷静になって専門家に相談してみてください。